みなとのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ほくそ笑む

<<   作成日時 : 2017/01/08 11:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 6



茸狩りほくそ笑むほど取れにけり      みなと


結社誌葦牙平成29年1月号
11句選に採って頂きました。
新葦抄余滴伊藤同人コメント有難うございました。↓

作者は、茸狩りに出かけた。茸が見つかって
沢山取る事が出来た。
それを「ほくそ笑む」と表現している。
そのほくそ笑む顔が誰にでも想像できる。
俳句にこの言葉はとも思ったが面白いと思った。
辞書にもあるのだから、良いと思う。
珍しい表現の一句である。


DSCF2915.jpg

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス
驚いた

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
気持ち玉・・
なるほど、驚いた、
ナイス(人''▽`)ありがとう☆
みなと
2017/01/08 22:19
ナイス、可愛い気持ち玉
(人''▽`)ありがとう☆
みなと
2017/01/09 22:46
みなとさん、こんばんは!
「ほくそ笑む」講評にあるようにインパクトありますね。一体どれくらい採れたのでしょう!お写真見ているだけで震えがきそうです。こちらは帰りの熱海付近で梅がかなり咲きだしていて観光客が写真をとっていましたよ。結社誌はなんてお読みすればよいのでしょう。難しい漢字ですね。調べなければ!
まどん
2017/01/10 01:44
まどんさんへ
おはようございます。
熱海では、もう梅が(*'▽')
雪の無い処が羨ましいです。

写真は、6日の風景です。
写真撮りの指も冷たくて (´;ω;`)

茸は、昔母と行きました。
母は、山菜やキノコ採りの名人でした。
亡き主人とも行きましたが
その時の想い出です。

葦牙は、あしかびと読みます。
葦の芽の事です。
コメント(人''▽`)ありがとう☆
みなと
2017/01/10 11:17
「ほくそ笑む」は辞書を見ると
うまくいったときに喜んで笑う、にやにやする
とありました。
僕の中では、微笑むと比べると
「純」のイメージのない言葉で、
パッと見、僕の中のみなとさんのイメージ
との違和感を覚えたんですが、
「ほど」とつなぐことで、逆に喜び、達成感が
強調されたなと思いました。
光景が想像できますね。
柴ちゃん
2017/01/11 09:15
柴ちゃんさんへ
おはようございます。
ほくそ笑むを、詳しく辞書で引いての
感想を本当に有難う<(_ _)>

今年も俳句同じサイトで
頑張りましょうね。

気持ち玉も嬉しいです(^_-)-☆
みなと
2017/01/11 10:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
ほくそ笑む みなとのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる