みなとのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS えひめ おひるのたまご

<<   作成日時 : 2017/03/07 18:34   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 9

2017/2/28(火)放送
みんなで挑戦!movie俳句! 「枯れ葉」編 入選句発表&解説
img_main.jpg
皆さんこんにちは。番組担当の八富久です

15712_42699_010.jpg



15秒の動画からゲーム感覚で俳句を募集しているコーナー。
今回は兼題ムービー「枯れ葉」編に送られた俳句の中から
夏井さんが選んだ入選句を発表し、鑑賞していきました。


逝きし人の時計鳴りけり冬木中(ふゆきなか)     みなと


夏井さん) 「冬木中(ふゆきなか)」っていうのが、冬の季語です。
枯れ木の中に立っているっていうそんな感じです。

そして、ポイントは「けり」ですね。
この場合、強調とか詠嘆の意味になっています。
亡くなった人の時計があることは知ってたけど、
その時計の音が急になって驚いたということ、
亡くなった方が使っていた時間と空間と、
作者が今過ごしている時間と空間を「音」がつなぐ
…という…そんな感じです。

上五で音をあまらせて、中七、下五で音の調べを取りもどす
というのが、定石なんです。
ゆったりとした情景が伝わってくるのではないでしょうかね。

今回の もとになっていた正岡子規の俳句はこちらでした。
15712_42723_010.gif


内面を見透かされた様な
素晴らしい講評を頂き有難うございました<(_ _)>
発表になって居たのを 
気づかなくて・・UPするのが遅く成りました(^_^;)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
欣賞佳作
 このところ好句綴玉ですね。
 羨ましいです。
 上六、旅に病んで・・・もあり、眼には青葉・・・もあり、字余りではなく六七五の句型と考えた方が、
 積極的に上六が詠めるようになる
のでよいと私は思いますが、
みなさんはやはり「あまり」と思いたいのでしょうね。
 冬木中。学習。「●●中」は漢詩でもよく使いますが、冬木中、初めてしりました。漢詩的には冬樹中かと思いますが、いつか使ってみたいです。
獅子鮟鱇
2017/03/08 21:32
みなとさん、「ひるたま」またまた入選おめでとう!
私は「ひるたま」初の全没でした(グスン)。送った句を見直してみたら「こりゃ駄目だわ」という句ばかり。
なんでその時気づかないんだろう?
今のところe船団だけが頼りです(笑)
よっしゃー、次がんばるぞー!
比々き
2017/03/08 22:19
獅子鮟鱇 さんへ
おはようございます。

みなと自身は、上5は、
あまりとは、思って居ません(^^♪
必然でどうしても意味が通じない
時に使って居ます。
575に収めたいのですが
出来ない時も有ります。
中7は、7で収める努力をしています。

自身の記録の為に一応選に
入ったのだけをUPして居ます。
自選が下手なので 没句も
また、見直しています。
コメント&ナイス有難うございます。
みなと
2017/03/09 11:17
比々きさんへ
おはようございます。

比々きさんのご活躍は
本当に凄いですね。
先日は、掲示板で作者が笑って居る俳句に
拙句をお選び下さり(人''▽`)ありがとう☆

昼たまは、4月からも
また、期待して居ます。
お互いに船団ともども
次がんばるぞー!で、行きましょうね。
気持ち玉、コメント有難う
みなと
2017/03/09 11:27
冬木中なんて言葉、よく知ってますね。
逝くという言葉と
イメージがぴったりマッチします。
暗く寂しい静寂を打ち破るように
突然鳴る逝きし人の時計の音が
さらに深い静寂に誘うようですね。
柴ちゃん
2017/03/11 13:58
柴ちゃん へ
こんにちは!
何時もみなと自身
思っても居ない講評を・・
(人''▽`)ありがとう☆ございます。

冬木中は、前にも1度使ったことが
有りましたので知って居ました。
が、成功しませんでした。

昨年亡く成った弟の事を
詠みました。
気持ち玉どうも(人''▽`)ありがとう☆

みなと
2017/03/11 16:38
リアルETさんへ
気持ち玉(人''▽`)ありがとう☆ございます。

無名の方さんへ
気持ち玉(人''▽`)ありがとう☆ございます。
みなと
2017/03/11 16:42
時計とあり、一読、弟さんだと思いました。「冬木中」という季語はφ(..)メモメモです。「冬木中」の静けさの中に響く(心に)時計の音のように思いました。
まどん
2017/03/17 00:20
まどんさんへ
正岡子規の句からは
大きく外れました。(笑)
映像から想像句ですから
仕方が有りませんね。
コメント(人''▽`)ありがとう☆
みなと
2017/03/17 19:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
えひめ おひるのたまご みなとのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる