みなとのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 斬られる

<<   作成日時 : 2017/09/08 09:32   >>

面白い ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 15

越後屋のなんなく斬られ夏芝居      みなと





画像

             お友達の小物作品です(^_-)-☆








なん
ILLUSTRATED BY NANTEI








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 24
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
「越後屋、そちも悪よのう」
しかし、悪徳商人は何故いつも越後屋なんでしょうね^^;
越前屋とか備前屋、駿河屋も出てきますが、
越後屋に比べて迫力がない(笑

助役五年義経十年村芝居・・・(南)
NANTEI
2017/09/08 11:30
茶枳尼天(稲荷)は今でも、銀座二丁目の越後屋の屋上で、八代目の永井甚右衛門を護っているんだよねぇ。
神であったようですが、仏教にとり入れられて仏教を守護する善神として受け入れられました。この茶枳尼天が乗ってるのが白い狐なのです。 (たぶん女狐) 
 高利貸しだつた三井財閥は三越デパートでなんとか品位を保ちたいんだろうね。
隠居爺
2017/09/08 17:36
創業した三井高利祖父は「越後守」を名乗る武士であったから三と越で「三越」としたらしい。 「銀座越後屋」は新潟県の出身ではないんだよね。
 越後出身なら、たぶん「銭湯」の「越後湯」だべなあ・・・・ 都内の銭湯の主人は、ほとんどが、新潟出身の「三助」だったもんねぇ。
 三助=客の背中を洗う係り 
昭和35年では、一人20円だったよ。(ラーメンが30円)
 客は女湯の方が多かった。
隠居爺
2017/09/08 17:52
アハハハ
越後屋はあっても津軽屋はないですね(^^;)
小物というけれど大きく見えますね〜。
どれくらいの大きさなんだろう。
中には綿が入っているのかな。
鶴の絵柄がとってもキレイ!
えぐ
2017/09/08 21:22
NANTEIさんへ
こんばんは!
越前屋、備前屋、駿河屋も
有るのですか?
みなとは、越後屋しか知りませんでした(^_^;)

助役五年義経十年村芝居 

やっぱり!上手いね(^_-)-☆
村の助役さんの顔まで浮かびます。(笑)
漢字ばかりの俳句も句に合って居ますね。

コメント気もち玉(人''▽`)ありがとう☆
みなと
2017/09/08 21:58
隠居爺さんへ
こんばんは!
だきにてん・・ですか?
後で調べてみますね。
高利貸しだつた越後屋さんは
後の三井財閥とは、知りませんでした(^_^;)
詳しくどうもありがとうございます。

みなと
2017/09/08 22:06
隠居爺さんへ
引き続き有難う御座います<(_ _)>
越後守、三越の謂れは目から鱗でした。
みなとは、てっきり新潟県の出身の
越後屋と思って居ました(>_<)
越後湯沢温泉なら、行った事有りますが
「越後湯」は知りません(-_-;)
何故新潟出身の「三助」が多かったのでしょうね。。
そのころの都内を全く知りません。
詳しくどうも有難う。
コメント気もち玉(人''▽`)ありがとう☆
 
みなと
2017/09/08 22:18
えぐさんへ
こんばんは!
津軽屋は、聞いたこと無いですね(笑)
友人の家の玄関に在りました。
元は、娘さんの子供の頃の着物で
一部を取って作ったそうです。
台座を入れて五〇p位で真綿が入って
居る見たいでした。
器用な方で 数々のパッチワ‐クや
絣を利用してのバック、絵手紙を見せて頂きました。
コメント気もち玉(人''▽`)ありがとう☆
みなと
2017/09/08 22:27
欣賞幽默。
 なんなく、が実にいいですね。
 また、「夏」がみごとに働いていると思います。

 越後屋のみごとに斬られ春芝居
 越後屋のあっさり斬られ秋芝居
越後屋のばさりと斬られ秋芝居
獅子鮟鱇
2017/09/09 06:06
こんにちは。

俳句も面白いと思いましたが、
皆様のコメントや解説がなるほど、ふむふむととても
ためになりました。
数年前に行った隅田川の近くの三囲神社とライオンの像を思い出しました。
一葉
2017/09/09 10:47
みなとさん、こんにちは!ほんと、一葉さんがおっしゃられていますが、おもしろい!「なんとなく斬られ」るのは「越後屋」さん。「三助」!これ、祖母がよく話して聞かせてくれた懐かしい響きです。都内の銭湯にいたそうですよ!新潟との関わり知りませんでした。。お写真の着物も素敵ですね、手作りといのも凄い!
まどん
2017/09/09 11:37
獅子鮟鱇さんへ
こんにちは!
何時も季語についての検証を
有難うございます。
なんなく・・も、嬉しいです。(*'▽')
コメント気もち玉(人''▽`)ありがとう☆
みなと
2017/09/09 12:10
一葉さんへ
こんにちは!
三囲神社は、三井家の守護社なのですね。
そんな事も知らずに俳句を詠んで居て
恥ずかしいです(>_<)
時代劇が好きで (笑)良く見ますが
そこで越後屋を知りました<(_ _)>
コメント気もち玉(人''▽`)ありがとう☆

みなと
2017/09/09 12:15
まどんさんへ
こんにちは!
田舎に住んで居ましたから
家には必ずお風呂が有りました。
でも、三助さんの言葉を知って居ましたが
見たことは全く有りませんでした。
三助さんに頼む女性は、
受付に先にお金を払うのでしょうね。
銭湯内では、裸ですもの・・(笑)
そんな事を昨夜考えました<(_ _)>

子供さんのお着物をこういう形で
残すのも良いですね(^o^)/
ランドセルのミニチア盤の様にね。

コメント気もち玉(人''▽`)ありがとう☆
みなと
2017/09/09 12:25
気持ち玉(人''▽`)ありがとう☆
みなと
2017/09/09 20:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
斬られる みなとのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる