みなとのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 雛の間

<<   作成日時 : 2018/03/03 09:36   >>

ナイス ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 3

雛の間の心ほぐるる祖母の唄       みなと




画像





雛飾る灯の中に母ひとり           みなと




画像

              写真は、お借りしたものです(*'▽')












なん
ILLUSTRATED BY NANTEI

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 29
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い
ガッツ(がんばれ!)

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
気持ち玉(人''▽`)ありがとう☆
みなと
2018/03/04 13:04
みなとさん、こんばんは!「雛の間」と「雛飾る」対照的な雛の二句ですね。雛を飾る母を見ているのは作者でしょうか、それとも母としての自分を客観的に見つめているのでしょうか。明るいのは「雛の間」ですが、「雛飾る」のほうが考えたりします。
まどん
2018/03/05 00:06
まどんさんへ
おはようございます(*^▽^*)

雛の間の句は、俳句を始めた
初期の頃の作で、明治の女性の祖母を
詠んだ句です。きりりとした祖母でした。

雛飾るは、つい最近の作で
飾って居るのはみなとです(^_-)-☆
自分の背中を自分で、見つめた句です。
みなとの生きざまで〜す。
今朝、雛片付けました (苦笑)

何時も深く鑑賞を頂き有難う御座います。

コメント気もちだま(人''▽`)ありがとう☆
みなと
2018/03/05 09:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
雛の間 みなとのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる